源 吉兆庵
徳川ゆかりの御人形について
前のページに戻る
徳川家伝来 御所人形

江戸時代の徳川将軍家では、大奥を中心に、さまざまな人形が愛好されました。中でも、白い肌にふくよかな体つきをした、愛くるしい稚児の姿をうつした「御所人形」は、幼児の健やかな成長を願う慶祝事のために、贅を尽くし、当時の工芸技術の粋を集めて調えられました。特に「御所人形」は、上流階級を中心に愛好されたため、精緻で格調高く、細やかな装飾や華やかな衣裳で飾られ、佳麗さと気品にあふれています。

「吉兆庵美術館」では、徳川家伝来の大型の御所人形「夫婦人形」や、本物同様に豪奢な能装束を纏った「能人形」など、徳川家ゆかりの品を中心に、優雅な人形文化を伝える作品を所蔵しています。