【岡山・吉兆庵美術館】秋の風景と豊穣の美2021年08月25日

【岡山・吉兆庵美術館】秋の風景と豊穣の美

古清水意真葛窯水指
初代 宮川香山

 古来、日本人は自然の風物を愛でることによって、季節の移り変わりを楽しんできました。温かな陽光の下で草花が芽吹く春と同様に、錦に色づく木々の雄大な美しさの秋は、人々を大いに魅了してきました。こうした自然界からの贈り物は、目を楽しませるだけでなく、時として、豊穣を表し、私たちの豊かな生活を願う象徴としても愛されてきました。
 吉兆庵美術館では、秋のモチーフとして描かれる、紅葉、菊、月、俵などの代表的な絵柄をテーマにした書画と工芸品を中心に、土佐派の画家として知られる土佐光芳による「近江八景」をご紹介し、しみじみとした秋の趣に浸っていただきます。日々、秋が深まるこの季節だからこそ見たい、秋をテーマにした芸術の数々をお楽しみください。

 
注意事項:
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記の注意事項をご了承の上、ご来館いただけますようお願いします。
 ・マスクの着用をお願いします。
 ・発熱や咳の症状がある場合や、体調がすぐれない場合は入館をご遠慮ください。
 (場合によっては、検温をさせていただくことがあります)
 ・展示室では、他の方と1m以上距離をとってご鑑賞ください。
 ・静かにご鑑賞ください。
 ・状況によっては、入館を制限させていただくことがございます。 
当館スタッフもマスクを着用して対応いたしますので、あらかじめ、ご了承ください。

近江八景 堅田の落雁
土佐光芳

蒔絵菊模様六角足付菓子器
中村宗哲

風月
川端康成

展覧会概要

会場岡山・吉兆庵美術館
会期令和3年9月17日(金)~11月14日(日)
※状況によりましては会期が変更になる可能性もございます。
 その場合はホームページでお知らせいたしますので、
 ご来館になる前にご確認くださいますようお願い申し上げます。
休館日10月4日(月)、18日(月)、11月1日(月)
時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
ギャラリートーク10月16日(土)
※午後2時から(約20分) 2階展示室にお集まりください。
入館料大人・高校生600円、小・中学生300円、65歳以上480円